ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの基礎知識  > ホームヘルパーヒストリー


ホームヘルパーヒストリー

スポンサードリンク

「ホームヘルパー」は、やりがいのある職業として人気の職業ですが、「ホームヘルパー」は、どのような経緯で始まったのでしょうか。

1950年~1970年頃まで、ホームヘルパーは「家庭奉仕員」と呼ばれていました。

「ホームヘルパー」が、ホームヘルパーの前身である「家庭奉仕員」と呼ばれていたのは、高齢者や身障者の介護を、他人の手を借りるのではなく、家族で行うのが普通とされていた時代のことです。

昔のように大家族で生活していれば介護も可能でしたが、家族が親子二代だけで生活し、なおかつ、共稼ぎでないと生活できないような状況にある場合、介護できるほどの時間も人手もなく、高齢者や障害者を病院に入院させたままにしておくのが通常となっていたのです。

家庭奉仕員は長期入院することができない生活保護を受けている人や低所得の家庭、一人暮らしの高齢者などにのみ利用されていましたが、決まった研修制度や資格はなく、サービス内容にもばらつきがあり、家庭奉仕員は不安定なものでした。

時代の流れとともに、核家族化や少子化、高齢化が進み、家族だけでは充分な介護ができない家庭が増えていきました。また、介護をする人自身が高齢になり高齢者が高齢者を介護するという状況になり、まともな介護ができないという問題も出てくるようになりました。

1989年に、このような問題を解消するための、「高齢者福祉整備10年計画」が発表されました、「高齢者福祉整備10年計画」は、高齢者のための保健や福祉に関するサービスの内容を定めたもので、家庭奉仕員という名称から「ホームヘルパー」に呼び名が変わりました。

これと同時に、ホームヘルパーになるための研修制度が全国で統一され、特定の資格試験というものはありませんが、しっかりした基準の下、安定したサービスが提供されるようになりました。

1995年には「ホームヘルパーの24時間対応制度」が導入されました、また、2000年には「介護保険制度」がスタートしました。

ホームヘルパーは「訪問介護員」とも呼ばれ、在宅介護、在宅福祉の第一線として広く一般的に知られるようになり、注目される職業の一つとなりました。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーヒストリー)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る