ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの基礎知識  > ホームヘルパーに必要な条件


ホームヘルパーに必要な条件

スポンサードリンク

ホームヘルパーは、とても大変な仕事ですが、その分やりがいもあり、人気の衰えない資格の一つです。

ホームヘルパーを目指してみたいけど、自分にもできるのかなと、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

ホームヘルパーになるためには、資格試験を受験したりする必要はありません。

特定の講習を受講し、定められた課程を修了することで資格を取得することができます、やる気さえあれば、誰でもなることができるのです、しかし、誰でもホームヘルパーになれるといっても向き不向きがあるのではないでしょうか、そこで、どのような能力が、ホームヘルパーには、必要とされるのか考えてみましょう。

ホームヘルパーにとって、最も大切なポイントは「相手の立場に立って介護することができるか」ということです。

ホームヘルパーの仕事をしていくには、介護サービスを利用する高齢者の方が、何をして欲しいと思っているのか、何を必要としているのかを考えて行動できなければいけません。

介護サービスを利用する人もいろいろで、良かれと思ってしたことでも、それが逆に相手にとっては苦痛になってしまうということもあるのです。

そんなことのないように、相手の身になって、考えて行動することが一番大切なのです。

また、良いコミュニケーションをとることで、相手が何を求めているかを知ることも大切です。

同時に、コミュニケーションをとりながら、相手の様子を観察する洞察力も必要です。

コミュニケーションをとるといっても、相手の気持ちも考えずに、会話を進めてこちらの言い分を、一方的に伝えるだけではなく、相手の話もじっくりと聞くことや、相手の表面的な感情だけで、物事を判断しないことも大切なのです。

ホームヘルパーとして仕事をしていくためには、常に冷静で、臨機応変に対処できる能力が必要です。

介護と一言でいっても、相手の体の状態や性格によって、いろいろな対応の仕方があり、その時々でも変わってきます。

介護サービスをするということは、常に決まった方法がある訳ではなく、相手の状況に応じて常に変えていかなければいけないのです。

その日の気分や体調によって、同じ相手でも、対処方法は変わってきます。

ホームヘルパーの仕事の難しさは、それまでの経験から介護方法を、パターン化できないというところにあります。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーに必要な条件)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る