ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの基礎知識  > ホームヘルパーに必要な強い気持ち


ホームヘルパーに必要な強い気持ち

スポンサードリンク

「ホームヘルパー」という資格は、人気のある資格の1つです、最近では頑張って資格を取得し、人のために働くというやりがいを求めてホームヘルパーの資格を取ろうとしている人も増えています。

ホームヘルパーには、資格試験はなく、決められた講習を修了すれば資格が取得できるので、やる気さえあれば比較的手軽に目指すことができますが、ホームヘルパーとして実際に仕事で、活躍するためには、知識や技術だけでなく様々な能力が必要になります。

ホームヘルパーとして働くには、介護の専門的な知識はもちろんですが、臨機応変に対応できる判断力、相手の方が何を望んでいるのかを見抜く洞察力、その他にもコミュニケーション能力も必要です。

また、個人の生活の中に深く関わるサービスということで「秘密を守ることができる」という責任感があることも良いホームヘルパーになるためには大切なポイントです。

ホームヘルパーは、介護サービスを受ける人の家族とほぼ同じ立場で仕事をすることになります、当然、介護を受ける人のプライベートな問題に触れることになります。

ホームヘルパーには、介護の仕事をやっている中で知り得たプライベートな問題や、個人情報を、口外してはいけないという守秘義務があります。

介護を受ける人の家庭内の問題に興味本意で首をつっこんだり、おもしろおかしく第三者に話したりといったことが好きな、俗に言う「口の軽い人」には向いていない仕事です、というより、こんな人はホームヘルパーの仕事をやるべきではないと思います。

ホームヘルパーになるための条件として、気持ちの切り替えが早い、ということも大切です。

なぜなら、ホームヘルパーの仕事は、1回の訪問で、一家庭1時間から2時間で、午前中1回、午後1回、といった勤務形態がほとんどです、一家庭に要する時間は短いのですが、体力的にも、精神的にも大変な仕事です、午前中の利用者の事情を引きずったままでは、午後の利用者のために的確なサービスができないということになってしまうからです。

ホームヘルパーの仕事を終えて、訪問先の玄関を出た後は、今まで介護していた利用者の事は、すっぱりと忘れてしまうぐらいの気持ちの切り替えの早さが必要です、気持ちの動揺を引きずったまま次の利用者に接したら、まともな介護サービスができないということになってしまいます。

また、ホームヘルパーという仕事は、高齢者をケアすることが多い仕事です、ホームヘルパーをしていると、利用者の痴呆が進行したり、病気が悪化してしまうといったケースに遭遇することもあります。

そんな中、利用者が亡くなってしまうといった場面に出会うこともあり得ることです、こんな場合でも「自分の介護が至らなかったのでは」と思いつめるのではなく、他の介護サービス利用者に対して、ホームヘルパーとして、どうしたら良いケアサービスができるのかなど、常に前向きな姿勢で、ホームヘルパーの仕事に取り組むことができる強い気持ちが必要です。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーに必要な強い気持ち)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る