ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの基礎知識  > ホームヘルパー派遣までの過程


ホームヘルパー派遣までの過程

スポンサードリンク

ホームヘルパーは、特別な資格試験がなくて、介護の資格の中では手軽に取得できるとして人気の資格です。

現代社会のように高齢化が進むと、欠かすことのできない存在となってきており、多くの人に利用されています。

多くの人に利用されるようになってきたホームヘルパーという制度ですが、では、実際にホームヘルパーが派遣されるまでの過程をご存じでない方もおられるでしょうからここでちょっと確認しておきましょう。

ホームヘルパー(介護サービス)を利用するには、その前に「要介護認定」を受けなければいけません。

要介護認定の申請は、原則として本人が直接、自治体の窓口で申請することになっています。

しかし、本人が直接、自治体の窓口に行って申請できない場合は、家族などが代行することもできます、また、自治体の窓口まで行けない時は近くの福祉施設や保健施設が代行窓口になることもあります。

要介護と認定されると同時に、どの程度の介護サービスを利用できるかが判定されます。

要介護の度合は、要支援と合わせて6段階に分けられます、その段階によってサービス内容が異なり、サービス費用に対する給付金額が決定されます。

介護の度合が決定したら、具体的な介護サービスの内容を決めていきます。

介護サービスの内容を決めることをケアプランと呼びます、ケアプランはケアマネージャーによって決められますが、ケアマネージャーは、直接利用者の自宅を訪問して利用者自身の意見を聞いたり、家庭の事情を確認したりしたうえでケアプランを決めます。

このケアプランの結果に不服がある場合は、介護保険審査会に申し立てることができ、場合によっては、ケアプランの組み直しができます。

このように、利用者の立場になって念入りに作られたケアプランに従って、ホームヘルパーが派遣されたり、介護施設が利用できたりなど、実際に介護サービスが行われることになるのです。

介護サービスの利用者の中には、ホームヘルパーの訪問を心待ちにしている人も多いようです。

ホームヘルパーの仕事は、限られた時間の中で決められた介護業務をこなさなければいけないという、決して楽な仕事とは言えませんが、高齢化の進む現在において求められている仕事でもあり、誇りをもって行える仕事と言えるでしょう。

スポンサードリンク

(ホームヘルパー派遣までの過程)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る