ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの基礎知識  > ホームヘルパーとは


ホームヘルパーとは

スポンサードリンク

ホームヘルパーとは、日常生活に支障がある心身障害者の人や、介護を必要とする高齢者に対して、様々な手助けをし、自立した生活を送れるようにお世話をする仕事をしている人の事をいいます。

ホームヘルパーは、単に生活上のお世話やお手伝いをするだけではなく、利用する人が「その人らしい生活」を取り戻すための手助けをする役割をしています。

ホームヘルパーの具体的な仕事内容としては、主に利用者の自宅に直接訪問し、食事の支度や掃除、洗濯から、入浴介助や排泄まで生活の援助を行います。

ホームヘルパーとしての仕事をするためには、ホームヘルパーの資格を取得する必要がありますが、ホームヘルパーには資格試験というものはありません、しかし、特定のカリキュラムを修了しなければいけなく、修了することによってホームヘルパーとしての資格を取得することができます。

ホームヘルパーの資格には3級から1級までありますが、ホームヘルパーとして就職や転職をしたいと考えているなら2級以上の資格を取得しておきましょう、なぜなら、ホームヘルパーの求人は、2級以上の資格を持っている人が対象となっている場合がほとんどですから。

ホームヘルパーの資格を取得したからといって、すぐにホームヘルパーの仕事をこなせるわけではありません。

ホームヘルパーの仕事には、実務経験がとても重要で、カリキュラムの中で学ぶ実技だけでは、ホームヘルパーの事実上の仕事に関して経験不足です。

普段の生活の中で介護が必要な人が身近にいて、介護の経験があるなら別ですが、今まで介護経験が全くない場合、ホームヘルパーとして資格を取得して、どんなに介護に関する知識を身につけていたとしても、実際に介護の経験をしてみると、色々な問題が起こってくるものです。

ホームヘルパーには、「判断力」が必要な能力の一つとして上げられます、なぜ、判断力が必要かというと、利用者のそれぞれの性格や状況に合わせた速やかな対応が必要になるからです。

利用者も千差万別でいろいろな人がいますので、最初はそれぞれの人に対して速やかに対応するということは、難しいものですが、実務をこなしていくうちに自然に身についていくものです、つまり、実務経験を積まないと本当のホームヘルパーとしての仕事ができないと言うことです。

ホームヘルパーは、大変なお仕事ですが、高齢化が加速化している現代社会において、重要な意味をもつお仕事でもあります。

興味のある人は是非、ホームヘルパー資格取得に向けて頑張ってみてくださいね。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーとは)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る