ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム  > ホームヘルパーの等級と講習


ホームヘルパーの等級と講習

ホームヘルパーには、ランクがあります、3級から1級まで、3級はどんな内容の資格なのか、2級は、1級になるとどんな仕事ができるのか、そして、ランクを上げるにはどうしたらいいのかをまとめてみました。

ホームヘルパー2級課程とは

高齢化が進むにつれ、介護関係の資格を取得する人は増加していますが、中でもホームヘルパーの資格を取得しようとする人は多いようです。資格取得に試験がなく、定められた研修を修了すれば良いということが人気の原因の一つとなっているようです。ホームヘルパーには3級課程~1級課程があり、2級課程を取得する人が多いという現実もあります。ホームヘルパー3級は、介護の入門編といった内容ですが、ホームヘルパー2級は介護...

ホームヘルパー研修期間の選び方

ホームヘルパーに興味があるのなら、資格取得について調べましょう、といっても、ホームヘルパーになるための、資格取得試験はありません。ホームヘルパーは、研修を受け、専門的な知識や技能を修得して、研修を修了すれば、資格を取得できます。ホームヘルパーには、資格取得のための試験がないので試験日が存在せず、他の福祉関係の資格の中でも比較的取得しやすい資格と考えられます。ホームヘルパー資格を取得しようと思ったら...

ホームヘルパー資格3級課程

3級取得だけで介護関係の仕事に就くのは無理だと考えた方が良いでしょう。ホームヘルパーとして仕事をしていくのなら、最低でも、ホームヘルパー2級以上の資格取得を目指しましょう。

ホームヘルパー資格の等級差

ホームヘルパーには資格試験というものがありません、しかし、特定の講習を修了し認定されなければホームヘルパーとしての仕事はできません。ホームヘルパーには3級、2級、1級という等級があります。

ホームヘルパー資格取得の利点

ホームヘルパーの認定資格を取得し、実務経験を積むことで、介護職員基礎研修」を受ける時に講義の一部や実習が免除されることになっています。これにより、福祉関連資格を将来取得するときに時間的に非常に有利になります。

(ホームヘルパーの等級と講習)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る