ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの等級と講習  > ホームヘルパー資格3級課程


ホームヘルパー資格3級課程

スポンサードリンク

ホームヘルパーは、やりがいのある仕事として人気があります。

ホームヘルパーの仕事には、専門的な知識や技術が必要なので、国家資格が必要なのかなと思われがちですが、ホームヘルパーは決められたヘルパー講座を修了し、認定されることで取得できる認定資格で、資格試験と言ったようなものはなく、資格試験に合格しないと取得できない資格に比べると比較的楽に取得できると考える人も多く、ホームヘルパーの人気の理由の1つとなっています。

ホームヘルパーの資格には1級~3級まであるのですが、その中でも3級は、ホームヘルパーの入門編とも言える内容なのですが、そのホームヘルパー3級がどのようなものなのか少し調べておきましょう。

ホームヘルパー3級は、介護や福祉に関する基礎となる知識を学ぶ課程です。

ホームヘルパーが行うサービスに関する知識を学び、家事の援助方法や、老人福祉制度、また、障害児制度についても学びます。

医療面や精神的ケアについても学習します。

ホームヘルパー3級の課程は、講義が25時間、実技が17時間、実習は8時間で実際のサービス現場を見学して学ぶ内容になっています。

3級課程の合計時間は、50時間と短いので、他の福祉関係の資格に比べると比較的簡単に取得することができます。

サラリーマンやOL、また忙しい主婦や学生など、幅広く無理せず受講することができる内容となっています。

ホームヘルパー3級資格は、比較的簡単に取得できるのですが、ホームヘルパーを職業としてやっていきたいと考えているのなら、3級資格を取得しただけでは不充分です。

3級課程はあくまで入門編であり、2級資格取得への準備として考えておきましょう。

なぜなら、介護関連の事業者は、ホームヘルパー2級以上の資格を持っている人しか採用しないところがほとんどだからです。

3級取得だけで介護関係の仕事に就いた場合、家事の手伝いといった仕事しかさせてもらえない場合が多く、しばらくの間は要介護者の体に直接触れる本来のヘルパーとしての仕事はさせてもらえないようです。

要介護者が家族の中にいて、介護について少し学びたいという人なら3級資格を取得するだけでも良いのですが、ホームヘルパーとして仕事をしていこうと考えているのなら、最低でも、ホームヘルパー2級以上の資格取得を目指しましょう。

スポンサードリンク

(ホームヘルパー資格3級課程)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る