ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの等級と講習  > ホームヘルパー研修期間の選び方


ホームヘルパー研修期間の選び方

スポンサードリンク

ホームヘルパーに興味があるのなら、資格取得について調べましょう、といっても、ホームヘルパーになるための、資格取得試験はありません。

ホームヘルパーは、研修を受け、専門的な知識や技能を修得して、研修を修了すれば、資格を取得できます。

ホームヘルパーには、資格取得のための試験がないので試験日が存在せず、他の福祉関係の資格の中でも比較的取得しやすい資格と考えられます。

ホームヘルパー資格を取得しようと思ったら、ホームヘルパー研修を受ける受講機関を決めなくてはいけません。

受講機関には、公的な機関が主催するものと、民間が主催するものがあり、研修を主催する公的な機関は、社会福祉法人や自治体、農協や生協などで、民間の機関は、専門学校や介護サービス業者などがあります。

ホームヘルパーの研修を受講するには、受講機関の、場所や日程、受講金額を調べることからはじめましょう。

自宅、あるいは、勤め先に近い受講機関があれば、そこに決めるのが良いのではないでしょうか。

受講機関の場所が遠いと、どんなに評判の良い機関でも、億劫になってしまい続かないことも考えられます。

場所が決まれば次に決めるのが日程です、平日の昼間でも可能か、夜間でないと受講できないのか、土日が良いのかなど、自分のライフスタイルに合わせた日程を選びましょう。

公的な機関が主催する研修は、平日の昼間のみ行っているところが多く、民間が主催する研修は、平日、土日はもちろん、昼間でも夜間でも、幅広く選択することができます。

受講料では、公的機関の金額が1万円~2万円、民間主催の場合だと、7万円~13万円位となっていて、公的機関の方がはるかに安くなっています。

ホームヘルパーの受講者は多いので、抽選で受講できるかどうかが決まる場合がほとんどですが、日程や時間帯が合うのなら公的機関の利用をお薦めします。

スポンサードリンク

(ホームヘルパー研修期間の選び方)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る