ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの等級と講習  > ホームヘルパー2級課程とは


ホームヘルパー2級課程とは

スポンサードリンク

高齢化が進むにつれ、介護関係の資格を取得する人は増加していますが、中でもホームヘルパーの資格を取得しようとする人は多いようです。

資格取得に試験がなく、定められた研修を修了すれば良いということが人気の原因の一つとなっているようです。

ホームヘルパーには3級課程~1級課程があり、2級課程を取得する人が多いという現実もあります。

ホームヘルパー3級は、介護の入門編といった内容ですが、ホームヘルパー2級は介護サービスの専門的な知識や技術を学べることで、ホームヘルパーとして働くための基本的な知識を習得することができ、就職や転職を目的としている人にとっては最低限必要な資格といえます。

ホームヘルパー2級の講習は、実習が30時間、実技講習が42時間、講義が58時間の合計130時間で、3ヶ月程度かけて修了する人が一番多いのですが、修了まで半年~1年かかる人もいるようです。

中には、1ヶ月程度で取得できる短気集中コースを設けている自治体もあるようです。

ホームヘルパー2級の講義内容は、介護方法や介護に関する基本的な知識を学んだり、老人福祉や障害児の制度とサービスに関する講義、障害や病気に対する理解を深めるための講義、また要介護者の家族への理解に対する講義など、ホームヘルパーとして仕事をしていく上で最低限必要なあらゆる事柄を学ぶことになります。

実技講習は、実際の現場での活動の仕方について学ぶもので、受講生をお互いに要介護者という仮定で実際に介護技術を勉強したり、介護サービス計画の作成や記録の仕方、報告の仕方まで実際に行ってみたりします。

実習では、介護施設を訪問し、実際の介護サービスを現場で直接学びます。

すでに、ホームヘルパー3級を取得している人は、免除される科目もいくつかあるので、ホームヘルパー2級講座を受講する前に確認しておくことをお薦めします。

スポンサードリンク

(ホームヘルパー2級課程とは)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る