ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの等級と講習  > ホームヘルパー資格取得の利点


ホームヘルパー資格取得の利点

スポンサードリンク

ホームヘルパーの資格を取得することは、介護や福祉の仕事を目指している方なら最初の目標にするべきでしょう。

ホームヘルパーには、資格試験がありませんが、同じ介護福祉の資格でも、介護福祉士になるためには国が制定した「国家試験」を受けて合格する必要があります。

ホームヘルパーになるためには、厚生労働省が認定している講習を受講修了して取得する「認定資格」が必要になります。

ホームヘルパーの資格取得には、それなりの時間と労力は必要ですし、しっかりとした知識と技術も必要ですが、他の福祉関係の資格に比べると、比較的簡単に取得できる資格だと言えます。

ホームヘルパーの資格を取得していると、ほかの福祉関連の資格を取得する時にも役に立ちます。

ホームヘルパー認定資格の2級を取得してから、5年以上の実務を経験すると、ケアマネージャーの受験資格を得ることができます。

また、ホームヘルパー認定資格の2級あるいは、1級を取得している人は、「介護職員基礎研修」を受ける時に講義の一部や実習が免除されることになっています。

介護職員基礎研修の免除内容は、ホームヘルパーの実務経験の内容と、取得している等級によって異なります。

ホームヘルパー2級資格取得者で1年以上の実務経験がある場合は、介護職員基礎研修の350時間が免除され、ホームヘルパー1級取得者の場合は、1年以上の実務経験があれば、介護職員基礎研修の440時間が免除されます。

ホームヘルパー3級資格取得者や実務経験が1年未満である場合は、介護職員基礎研修を免除される時間は0時間から150時間と短くに設定されています。

これらの事を考えても、将来、福祉や介護の仕事に就きたいと考えているのなら、迷わず、ホームヘルパーの認定資格を取得することを一番に目指すのが最良の方法だと言えます。ホームヘルパーとして、しっかりと実務経験を積んでから、介護福祉関連の新しい資格に挑戦し、仕事の幅を広げていくことが理想的と言えるでしょう。

スポンサードリンク

(ホームヘルパー資格取得の利点)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る