ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの等級と講習  > ホームヘルパー資格の等級差


ホームヘルパー資格の等級差

スポンサードリンク

ホームヘルパーには資格試験というものがありません、しかし、特定の講習を修了し認定されなければホームヘルパーとしての仕事はできません。

では、特定の講習とはどのような課程なのでしょうか。

ホームヘルパーの認定資格には、3級、2級、1級という等級があります。

3級ホームヘルパーは、50時間の講習を受けることで認定されます。

2級ホームヘルパーは、130時間の講習を受けることで認定されます。

1級ホームヘルパーは、230時間の講習を受けることで認定されます。

資格の体系から考えると3級、あるいは、2級の講座から受講するのが、ほとんどの方の選択です、いきなり1級から取得しようとするのは、やはり、時間的なものも含めて無理だと考える方が多いようです。

どの級の講習から受講してもかまわないのですが、ほとんどの方が2級の講習から受講しています。

なぜ2級講習からの受講者が多いかという理由は簡単で、ホームヘルパーとして働こうと就業先を探した場合、ほとんどの介護関連企業の採用条件に「ホームヘルパー2級取得者」というのがあるからです。

ホームヘルプサービスの仕事は、ホームヘルパーとしての資格がなくてもできるのですが、仕事の内容は限られたものになってしまい、収入面でも期待できません。

介護保険を利用した介護サービスを提供する場合、ホームヘルパー資格取得者であることが前提となります。

この場合、3級取得者の報酬額と2級取得者の報酬額では支払われる報酬額に差があります。

介護サービス事業社にとっては、同じサービスを提供するなら報酬額の高い2級取得者に従事してほしいということになるのです。

このような事から、やはり介護サービス事業社側としては報酬額の高い、知識と技能を備えた人材、つまり、ホームヘルパー資格取得者の中でも3級取得者よりは、2級取得者を確保したいと考えるのが普通なのです。

前記のように2級取得者の需要が多いということから、ホームヘルパー研修を実施するほとんどの機関では、2級以上のカリキュラムを設定しています。

これからホームヘルパーの資格を取得しようと考えている人は、2級取得を目標に頑張らないと、就業できる可能性が少ないということを考慮して受講する講座を選択した方が良いですね。

スポンサードリンク

(ホームヘルパー資格の等級差)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る