ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム  > ホームヘルパーの仕事と将来


ホームヘルパーの仕事と将来

ホームヘルパーの、仕事の範囲や、ホームヘルパーが、してはいけないことなど、そして、ホームヘルパーは、将来どうなるのかと言ったことを掲載しています。

滞在型のホームヘルパー

滞在型の介護サービスは、利用者宅に1時間~3時間程度滞在してサービスし、平日の昼間で家族が外出することが多い、午前9時~午後5時までの時間帯で利用されることが多いサービスです。

巡回型のホームヘルパー

「24時間巡回型」とも呼ばれる巡回型は、ホームヘルパーの勤務する時間帯の中で8軒から10軒ほどの利用者宅を回り、限られた時間の中で介護サービスを行うことになります。

ホームヘルパーは産後も活躍

ホームヘルパーは、要介護者の自立を促すための生活支援が一般的に主な仕事ですが、ホームヘルパーは、出産後の家事をこなしてくれる出産直後の女性の見方でもあるのです。

ホームヘルパーの仕事には制限が

ホームヘルパーの資格を取得すると、介護の仕事ができますが、要介護者のためになることなら何でもできるというわけではありません。要介護者のためにしてあげたいと思ってもホームヘルパーには、できないことがあるのです。

ホームヘルパーの今後について

ホームヘルパーという制度は、厚生労働省により、介護福祉サービスの質の向上を考慮して見直される可能性があります。見直されたとしても、ホームヘルパーの仕事がなくなる可能性は低く、その仕事の範囲が縮小される可能性が高いようです。

(ホームヘルパーの仕事と将来)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る