ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの仕事と将来  > 巡回型のホームヘルパー


巡回型のホームヘルパー

スポンサードリンク

ホームヘルパー」は、とてもやりがいのある人のために働く職業です。

ホームヘルパーは、高齢化が進む現代社会においてなくてはならない存在となっていますが、ホームヘルパーという資格は、国家資格ではありませんし、特別な資格試験もありません。

ホームヘルパーは、資格試験がないと言うこともあって、比較的簡単に資格が取得できるので、資格が必要な職業の中では人気のある職業です。

ホームヘルパーが行う介護サービスには、「巡回型」と「滞在型」という2つの種類の体系があります。

「24時間巡回型」とも呼ばれる巡回型は、ホームヘルパーの勤務する時間帯の中で8軒から10軒ほどの利用者宅を回ります。利用者宅でのサービスは、15分~20分程度で、限られた滞在時間の中で介護サービスを行うことになります。

ホームヘルパーによる巡回型の介護サービス内容は、排泄介助、おむつ交換、口腔ケアなどで、限られた内容のサービスとなっていますが、24時間巡回型と呼ばれる通り、要請があれば、早朝や深夜でも巡回してサービスを行います。

介護という仕事には、休みがありません。その介護を家族だけで1日中するのはかなりの負担となることは明白です。

そんな時に役立つのが巡回型の介護サービスで、家族の負担が大きい早朝や夜間などに集中して介護サービスをすることが多くなります。

夜間、ヘルパーが訪問して家族が就寝していてもサービスを行う場合があります。こんな場合は、訪問先の鍵をあらかじめ利用者から預かっておく必要があります。

訪問先の鍵を預かるということは、介護利用者から信頼されているヘルパーさんにしかできない仕事ということになります。

巡回型の介護サービスには、実務経験が豊富な、正社員のヘルパーが従事していることが多く、勤務時間が早朝や深夜になることが多いので、安全性からも男性ヘルパーが多いのも特徴です。

スポンサードリンク

(巡回型のホームヘルパー)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る