ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの仕事と将来  > 滞在型のホームヘルパー


滞在型のホームヘルパー

スポンサードリンク

ホームヘルパーは、高齢化が進む昨今、重要な役割を果たしています。

ホームヘルパーには、特定の資格試験というものはありませんが、専門的な知識や技術は必要です。

最近では、若い人から熟年層まで、ヘルパー資格取得者の年齢層も幅広くなり、ホームヘルパー資格を取得する人数も増えてきました。

ホームヘルパーの雇用形態は「巡回型」と「滞在型」の2つに大別できます。

巡回型は、15分~20分程度の限定された時間内にサービスを行い、夜間や早朝を中心に勤務します。

滞在型の介護サービスは、利用者宅に30分以上滞在して行うサービスで、平均すると1時間~3時間程度滞在してサービスします。

滞在型の介護サービスは、平日の昼間で家族が外出することが多い、午前9時~午後5時までの時間帯で主に利用されています。

一般的には、この滞在型の仕事をホームヘルパーの仕事として認識されているのではないでしょうか。

介護サービスとして、利用頻度が多いのも、この滞在型になります。

巡回型のように短時間で行うサービスとは違い、滞在型のサービス内容は、幅広いものとなります。

滞在型のサービスでは、食事、洗濯、掃除など一般的な家事の手助けや、入浴や排泄の介護、買い物や病院の付き添いなど、幅広いサービスを行います。

滞在型に従事しているのは、主婦や学生などが多く、サービスの中心となっているのは女性のヘルパーが多いのが特徴です。

滞在型の場合、パート勤務などの非常勤が多い勤務体系となっていて、正社員として働いている人は少なくなっているのも巡回型と大きく違うところです。

滞在型は、利用者と過ごす時間が平均すると1時間~3時間程度と長く、利用者の生活に密着したサービス内容になることも多く、精神的に大変な仕事だと言われ、なおかつ、非常勤で収入が安定しないといった楽な仕事ではありませんが、人の役に立つという意味でやりがいのある職業だといえます。

スポンサードリンク

(滞在型のホームヘルパー)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る