ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの仕事と将来  > ホームヘルパーの今後について


ホームヘルパーの今後について

スポンサードリンク

ホームヘルパーは、高齢化が進む現在や今後において、欠かすことのできない存在です、しかし、ホームヘルパーを取り巻く状況は年々変化しています。

厚生労働省は、研修を受けるだけでなれるホームヘルパーの制度を見直し、介護職員の質とサービスの向上を図るため、介護職員をホームヘルパーでなく「介護福祉士」に統一することを検討しています。

つまり、ホームヘルパーという資格自体が廃止され、介護福祉士の資格取得者が介護職員として、ホームヘルパーに取って代わる可能性があるということです。

しかし、突然ホームヘルパーという資格や制度が廃止されると、ホームヘルパーとして働いている人だけでなく、ホームヘルパーのサービスを利用している高齢者の人達や、ホームヘルパーのサービスを提供している施設や職員にも大きな問題が生じてきます。

そこで、ホームヘルパーとしての仕事を全て禁じてしまうということではなく、ホームヘルパー資格での介護、福祉サービスの範囲が縮小され、現在の介護福祉士とホームヘルパーとの中間に属する形で新しい資格を作ることが検討されているのです。

現在のホームヘルパーには資格試験というものがありません、特定の講習を受講し、定められた課程を修了することで、誰にでもなることができます、しかし、介護福祉士になるためには、国家試験に合格する必要があります。

新しく制定される、介護福祉士と現在のホームヘルパーの中間に位置付けられる資格は、ホームヘルパーの資格に補足された講習を修了すれば認定されることになるようです。

この新しく制定される資格は、現在のホームヘルパーとしての仕事より専門性の高い、より高度な能力が必要とされる仕事になると思われます。

ところが、この改定には様々な課題や問題が残されていて、凍結された状態になっています。

ホームヘルパーに限らず、介護福祉サービスの質の向上は重要な問題として考えられているので、今後、ホームヘルパーの仕事の範囲や位置づけがどのように改定されていくのか、見守って行く必要があります。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーの今後について)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る