ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの仕事と将来  > ホームヘルパーの仕事には制限が


ホームヘルパーの仕事には制限が

スポンサードリンク

ホームヘルパーとは、要介護者(介護サービスを受ける人)が自立した生活を送るための手助けをする仕事です。

ホームヘルパーには資格試験がなく、介護福祉関係資格の中でも比較的資格を取得しやすく、多くの方が目指す人気のある仕事です。

ホームヘルパーの仕事内容は、要介護者が自立した生活を送るための手助けをすることで、炊事、洗濯、掃除といった一般的な援助の他に、食事の介助、排泄や入浴の手助けなど、要介護者の体に直接触れる援助まで、幅広い介助や援助をすることが必要です。

幅広いホームヘルパーの仕事の中にも、介入できない仕事がいくつかあります。

ホームヘルパーは、要介護者のみのお世話しかすることができず、一般的な仕事である炊事や掃除も、要介護者の身の回りのことしかできません。

たとえば、高齢者夫婦の家庭に訪問した場合でも、妻だけが要介護者となっていると、夫が料理をすることができなくても、ホームヘルパーは妻の食事しか作ることができないのです。

掃除に関しても同じです、ホームヘルパーは、夫がいくら高齢で自分の部屋の掃除がおぼつかなくても、要介護者でない夫の部屋は掃除することはできないのです。

買い物に関しても、ホームヘルパーのできる仕事の範囲には制限があり、要介護者が、日常生活で必要な物しか買うことができないのです。

要介護者が、日常生活に必要ではない物、たとえば、たまにはケーキが食べたいなあ、とか、有名な和菓子屋さんの饅頭が食べたい、と思っても、それらをホームヘルパーに依頼することはできないのです。

ホームヘルパーは、要介護者の誕生日だからといって、特別な食事を作ることはできませんし、お正月だからといって、おせち料理のようなものを作ることはできません、掃除も年末だからといって、大掛かりな掃除をすることはできません、必要最低限の掃除しかできないのです。

ホームヘルパーは、病院への付き添いをすることもありますが、付き添いをする時にも制限があります、病院が混んでいて待ち時間が長くなっている場合でも、待ち時間の間、ずっと一緒に待っていることはできないのです。

要介護者を、1人で長時間待たせるのは心配だと思う人も多いかと思いますが、たとえ一緒に待ったとしても、その間の報酬は支払われませんし、通常、1人のホームヘルパーが、1人の要介護者の介護をする時間には制限があります。

あくまでも、要介護者の自立を支えるための手助けをするのが、現在の介護システムで定められたホームヘルパーの仕事です、同じ要介護者の介護を長くしていると、情が移りホームヘルパーとしての仕事の範囲を超えてしまいたい気持ちになるのも人情です、多くの人は、理不尽に思われるかもしれませんが、ホームヘルパーは、高齢者の生活全体を支えるものではないことを覚えておきましょう、そうしないと、複数の要介護者の介護ができなくなってしまいますから。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーの仕事には制限が)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る