ようこそ! 「ホームヘルパーの資格と仕事」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ホームヘルパーの仕事と将来  > ホームヘルパーは産後も活躍


ホームヘルパーは産後も活躍

スポンサードリンク

ホームヘルパーは、特別な資格試験がなく、比較的手軽に目指すことができる仕事として、数ある福祉関係の仕事の中でも人気があります。

ホームヘルパーは、要介護者(主に高齢者や障害者など)の自立を促すための生活支援が一般的に主な仕事となりますが、時には出産直後の家庭にもなくてはならない存在となっています。

女性としての大仕事である出産を終えた直後の女性は、思うように体を動かすことができないため、周囲の手助けが必要です。

女性の実家が近くであったり、家族や知人が手助けしてくれる環境であればいいですが、実家が遠くだったり、親が他界していたり、家族が仕事などで多忙だったりと、様々な理由で、他人の手を借りないといけない事情の人も多いものです。

また、双子などの多胎児を出産した場合は、家族や知人の援助だけでは足りない場合もあります。

そんな時ホームヘルパーは、家事や育児のサポートとして、出産後の約1ヶ月程度の期間、働いてもらえるのです。

出産後の家事をこなしてくれるホームヘルパーの具体的な仕事内容は、炊事、洗濯、買い物、授乳、おむつの交換などです。

条件によって異なりますが、ホームヘルパーのサービスを受ける利用料金は、1時間500円~800円程度です。

このサービスは都道府県や各地域によって内容が異なりますが、多くの自治体で行われています。

自治体が、このようなサービスを行っていなくても、民間の企業がサービスを提供している場合もあります。

出産後の女性は、ホルモンのバランスが崩れやすく、ストレスを貯めてしまいがちな時期なので、ホームヘルパーが訪問してくれれば、会話を楽しむこともでき、体も休められるという、女性にとっては嬉しいサービスだといえます。

ストレスの貯まりやすいこの時期に、一人で家事や育児を抱え込もうとはせず、積極的にこのようなサービスを利用してもらうことで、ホームヘルパーの需要はますます増えるということになります。

スポンサードリンク

(ホームヘルパーは産後も活躍)このページのトップへ

(ホームヘルパーの資格と仕事)メインページに戻る